長野県上田合同庁舎(上田市材木町)の南棟の屋根に、2010年7月15日に10kwの太陽光発電パネルを2セット設置し、毎月の発電電力量を公表している(5年目になる)。設置角度による発電量の違いを比較するために、10kwを傾斜角10°で10kwを傾斜角20°で設置し、発電した電力量全量を自家消費している。
年度ごとの毎月の発電量と共に日照時間との関係、1kw当たりの発電量のデータが蓄積され、時系列グラフで示されていいる。

既に発電所を持っている人、これから導入を検討される人には参考となるデータである。
上小地方事務所HPより)